フィリップス自動製麺機「ヌードルメーカー」HR2365/01の価格

-  |  次の3件 »

フィリップス ヌードルメーカー HR2365/01の通販価格は?

フィリップス ヌードルメーカー HR2365/01
家庭でうどんやそば、ラーメンなどの麺が作れる
画期的な自動製麺機です。



フィリップス ヌードルメーカー HR2365/01
2014年6月20日に発売されたばかりの新商品です。

そば、うどん、ラーメンなどの麺類は
日本人にとっては米、パンに次ぐ第三の主食です。

しかし、炊飯器やトースターなどは普及しているのに
麺を作る家電製品はほとんどありません。

そんな中で登場したフィリップス ヌードルメーカーには
やはり多くの人が注目しているようです。


HR2365/01の販売価格は、発売当初は34,776円でしたが
現在ではかなり安くなってきたようです。

現在の価格はこちらからからチェックできます。

フィリップス HR2365/01(アマゾン)

フィリップス HR2365/01(楽天市場)


ちなみに、現在(2014/11/03)の楽天市場では
23,500円から販売されています。

今なら、楽天市場を利用した方がお得なようです。



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とりあえず蕎麦を作ってみると・・・

フィリップス ヌードルメーカーは
誰でも簡単に麺が作れる画期的な製品です。

ただ、気になるのは、この製麺機で作った麺が
本当に美味しいのか?ということですよね。

そこで、今回はこのヌードルメーカーで
実際に麺を作ってみた人の感想を紹介してみます。


ヌードルメーカー購入者の口コミ


フィリップス HR2365/01 で
とりあえず蕎麦を作ってみました。
材料は蕎麦粉180gと強力粉120gです。

そうして出来上がったものは
すごく美味い!というほどではないですが
何よりも自分で蕎麦が打てたことが嬉しかったですね。

二回目はうどんを作ってみましたが
こちらはコシがあって非常に美味しく出来ました。
やはり、蕎麦よりはうどんの方が簡単みたいです。

次回はつけ麺に挑戦したいと思ってます。
コンビニの冷凍つけ麺よりも
美味しく出来ることを願っています。

<以上>


フィリップス HR2365/01 の通販情報はこちらから




| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヌードルメーカー HR2365/01 と HR2369-01 との違いは?

フィリップス 自動製麺機 ヌードルメーカー には
HR2365/01 と HR2369-01という機種があります。

両者の違いは、先ず本体のカラーが違うということ。

HR2365/01 はシルバーとシャンパンゴールドを使い
HR2369-01 は紫を使っています。

HR2369-01.PNG
フィリップス 自動製麺機 ヌードルメーカー HR2369-01


そして、もうひとつの違いは
付属されている製麺キャップが一部異なっていることです。


HR2365/01 の製麺キャップは
1.6mm角麺、2.5mm角麺、2.0mm丸麺、1.6mm平麺ですが

HR2369-01 の製麺キャップは
1.6mm角麺、2.5mm角麺、2.0mm丸麺、0.8mmシートとなっています。

つまり、1.6mm平麺と0.8mmシートの違いですね。


ちなみに、この0.8mmシートは
餃子の皮やワンタン、ラザニア用ということです。


その他の機能は同じですから
1.6mm平麺を取るか、0.8mmシートを取るかですね。

もちろん、「紫の方がイイ!」という人もいるかも知れませんが・・・


フィリップス ヌードルメーカー HR2369-01 はこちら






タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の3件 »
Copyright © フィリップス自動製麺機「ヌードルメーカー」HR2365/01の価格 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。